厚木の駅周辺で駐輪しても何故か大丈夫な場所

厚木の不思議
世の中は不思議で満ちています。

2013年の殺人事件(未遂含む)は939件だそうです。

これに対し「犯人を捕まえろー、死刑にしちまえー!」といった声はよく聞きます。

一方では一年で4000人ちょいの方が交通事故によって亡くなっています。

しかし「外出をやめよう!」とか「車をなくそう!」とか言う人は誰もいません。

世の中ってすっごく不思議ですねぇ〜。

それはそうと駅近くにいつも停めてある自転車があるのです。その自転車はいつ見かけたときでも「だめよぉーダメダメ!」のピンクタグが張られていないのです。

その自転車があまりにも堂々と停められているので、「ここって駐輪場なんじゃなかろうか?」という錯覚さえ感じます。
あぜがみ薬局前

場所はあぜがみ薬局の前になります。【地図

自転車停めてみた
実験的に自分の自転車も一日停めておきましたが「ダメダメピンクタグ」が張られることはありませんでした。

駅周りはどこも停めておけば優秀な撤去おじさんたちによってPタグが貼られていきます。それ故にあそこだけがなぜ大丈夫なのでしょうか?

不思議です。

でもまったく不思議じゃないんです。下の地図をみて下さい。
map
from 自転車放置禁止区域変更(平成24年7月1日から)
なんと!自転車放置禁止区域を外れた駅までの最短距離がここなのです!そう、ここに停められてもおっちゃん達は手も足もでない!こんな穴場があったんですねー。

それにしてもなんでここが禁止地域からはずれてるんでしょうか?禁止地域ってどーやってきめるんですかね?不思議なことはいっぱいありますね。



コメントを残す