挑め!厚木のマンホールカードゲットだぜ!!

今、この厚木の地で、あるカードを求めて世界中から来訪者が止まないという噂があります。

そのカードの名は!
マンホールカード

厚木市のホームページによると以下のようにあります。

マンホールカードは、マンホール蓋を活用したカード型の下水道広報用パンフレットで、度々マスコミにも取り上げられております。訪れた方に無料で配布するコレクションカードで、下水道に興味を感じていただきながら、厚木市も同時にアピールしております。

 

公式ラインスタンプ販売中!
厚木市非公式キャラ「あつお」ラインスタンプ販売中!

度々マスコミにも取り上げられている貴重なコレクションカードが無料で配布されている?
「そんなに貴重なものを無料で配っちゃってもいいのかしら?厚木の財政は大丈夫?でも貴重ならほしい」と少々心配をしながらマンホールカードを求めて市役所に向かいました。

市役所で受付のお姉さんに「すいません、今、厚木で話題のマンホールカードをいただきに来たのですが、、」と告げると。

「マンホールカードでしたらこちらではなく、、」と、市役所から2件となりのビル(市役所第2庁舎)で配布しているとのこと。

案内のお姉さんも手馴れた説明だったので、これはかなりの人がマンホールカードを求めてこの厚木の地に訪れているということなのでしょう。

さっそく教えてもらった市役所第2庁舎14階に行きます。

エレベーターを降り、「さあ、マンホールカードはどこでもらえるのかしら?」とキョロキョロしていると通りかかった職員さんが「どちらに用ですか?」と声をかけてくれたので「あの貴重なマンホールカードの件なのですが」と言うと「それならあちらですね」と教えてくれました。

これはもう確実にトップから「マンホールカードをもらいに来た人に親切に」との指令がでているのでしょう。それほど手馴れた対応でした。

フロアーには分かりやすく立て看板が設置されています。が、しかし、ここで疑問が一つ湧き上がります。「なぜ小さい張り紙から矢印が出て隣の立て看板を指しているのか?」ということです。

これは推測なのですが、はじめは「マンホールカードなんて作ったって誰がもらいにくるんだよ、A4サイズもあれば十分だろう」とタカをくくっていたのですが蓋を開けてビックリ、次から次へとマンホールカードを求めて押し寄せる人の波に下水道課の皆さんも緊急会議を開き、急遽大きく分かりやすい立て看板を設置した。ということなのだと思います。

「ようこそあつぎへ」の下には「Welcome to Atsugi」と英語表記も。これは全国各地からだけではなく、世界各国からも貴重なマンホールカードを求めて人々が来ているという証拠です。

そして下水道課の方に「あの〜、貴重なマンホールカードをいただきにきたんですけれど」と告げると、、
厚木市マンホールカードあっさりゲット!

さっきまでマンホールなんてまったく興味がなかったのに、マンホールカードを手に外に出るとなんだかマンホールが気になります。

こちらが市役所第2庁舎を出てすぐの所にあるマンホール。カードと一緒の模様です。

すぐそばにはコンクリートのシンプルタイプが。

道路に出るとひし形模様タイプまで。

市役所を出て中央公園の噴水でまどろんでいると、なんと!あゆコロちゃんのマンホールまで発見!!少し薄汚れていますがよろこんでいるようです、あゆコロちゃん。

中央公園のベンチに座ってカードを愛でながら「マンホールにも様々な形があるということ、気づかせてくれてありがとう、マンホールカードよ。」などと思いにふけっていると一つの疑問がわきました。

こちらをごらんください。

カードにあるマンホールには色がついているのです。これはやはりどこかに色のついたマンホールがあるということなのでしょう。探してごらんということなのでしょう。

しかし、この厚木のどこともわからない、どこからか色付きのマンホールを探す気力など
わたしにはない!

と、半ば逆切れ状態でカードを見つめていると、カードに妙な数字やら記号やらが書いてあるのに気がつきます。

35°26’28.6″N
139°21’49.5″E

公式ラインスタンプ販売中!
全米が泣いた!「あつお」ラインスタンプ販売中!

なんぞこれ?

あまりに神妙な顔をしてカードを見ている私に、ベンチの隣に座っていた初老の紳士が「どうかしましたか?」と声をかけてきました。

そこで私は「かくかくしかじかで、この意味不明な数値が」と説明するとその初老の紳士はいとも簡単に「あ〜これは緯度と経度だね」とあっさり正解をくれたのです。

このワケのわからないと思っていた数値は、ここにマンホールがありますよという座標だったのであります。すぐさま座標をスマートフォンで検索するとなんと、座標はアニメイトの近くを示しているではないですか。これなら行ける!セバスチャン(初老の紳士)にお礼を言ってさっそくアニメイトへ向かいました。

座標はアニメイトを示している。
カードの座標はアニメイトを示している。

 
するとありました、発見!座標の示す先にはカラーのマンホールが!!ありがとう、セバスチャン、あなたのおかげで見つけることができました。

正面からパチリ、ミッションコンプリート!ちなみにこの通路のマンホールは全て色付きでした。今後、ここを通る時はたいへんありがたい気持ちで通過することができると思います。そしてこの通りをカラマン(カラーマンホール)通りと名付けたいと思います。

それにしてもたった一枚のカードにこれほどの力があるとは、、。カードを作ってくれてありがとう!!厚木市下水道課の皆さん。

タウンニュースによるとカードは4000枚作られているそうなので行けばまだゲットできることでしょう。ぜひこの機会に貴重なマンホールカードを手に入れてはいかがでしょうか?

下水道施設課下水道施設係
(市役所第二庁舎14階)

開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日
電話番号 046-225-2363


コメントを残す