パンデミック2

あん食パンデミック

生クリームの次にあんこが大好き、特派員どらみです。

前回、うまくパンが焼けて調子にのったので、今回は上級者向けレシピにチャレンジすることにしました。

 

かわいいと人気の「ちぎりパン

ちぎりあんぱんが、ホームベーカリーでできてしまうということで、溢れるよだれをふきふきしながら作りました。

 

せっかくなので、あんこから作ります。

夢未市で購入した、厚木産のあずき
夢未市で購入した、厚木産のあずき
このまま食べても美味しそう
このまま食べても美味しそう
コトコト煮てあんこっぽい雰囲気に
コトコト煮てあんこっぽい雰囲気に
お砂糖をくわえて、ねりねり
お砂糖をくわえて、ねりねり

 

うまい。

あんこやさんに修行に行ったのではないかと思う出来栄え。(いつもの当社比)

あずきを甘くして食べようと考えついたご先祖様ありがとう。

 

マリコとタニオの共同作業
マリコとタニオの共同作業

タニオの上にマリコを乗せて、材料をはかります。
(タニオとマリコの意味がわからない方は一話をご確認ください

 

今回はフランスパンの生地であんこを包んだあんぱん。

できあがりが今から楽しみ。

IMG_20170528_151500
こちらが今回のお手本

マリコに材料を入れて、スイッチオン。

MKホームベーカリー
MKのホームベーカリー。
MKはマリコの略。

1次発酵のタイミングで生地を取り出し、おいしくできたあんこをパン生地に包んでまるめます。

 

パンの生地って、すんごいふわふわ。と、いうかベタベタ。

生地を12等分するはずが、まったくできる気がしないです。

この手にあるのは、まるでホンワカあったかいスライム。

パン生地がスライムに感じる
パン生地がスライムに感じる

 

ここで作戦変更。12等分をあきらめて、8等分にします。

「一個がおっきいあんぱんというのも、悪くないぞ。」と、いうことにします。

戦いを終え、あとはマリコにお任せ。

 

焼き上がり、ほんわかいい香り。

どうなることかと思ったけど、無事に焼けてよかった。

 

、、、あれ?

お手本と何かが違う
お手本と何かが違う

 

いったい、どうしたことでしょう

44286843

 

 

今日のお手本です
今日のお手本です
お手本に寄せてみます
お手本に寄せてみます

007

 

あぁ、、

 

IMG_20170529_092533
お手本に寄せるため切り取られたあんぱんのようなもの

気を取り直して、食べてみました。

味は美味しくできたようです。

だけど、なんだか違うーー。

今回の教訓。どらみのレベルだと「あんこ」と「パン」は別々の方がうまい。

第一回:基本の食パンデミック
第二回:あん食パンデミック

 



「あん食パンデミック」への2件のフィードバック

コメントを残す