アマーロのモヒート

あつぎの夏は本場みたいなモヒートで

厚木のみなさま、お元気でしょうか?

私はあつくて頭がぼーっとします。

こんなに暑くては正気を失ってしまいそうです。

このままではカミュの小説にあるように人を殺害し、動機について「太陽のせい」などと口走ってしまうに違いありません。

そうなる前に、誰か私をハバナに連れてって。

と、嘆いたところで誰も連れて行ってくれるはずはありません。もし連れてくれる人がいたならばそれは誘拐に違いありません。

なので自分で行くことにしました、アマーロに。

土曜の3時、開店時間ぴったりに駆け込み「マスター、モヒートを、さもないと人を殺めてしまいそう」と告げると、マスターは外へ行きハーブを採ってきてくれました。

ハーブを採るマスター

このハーブ、イエルバブエナ(hierba buena)と言い「良い草」という意味なのだそうです。そして本場のモヒートはこれを使うそう。ミントよりも香りが強いのに味はまろやか、という効能があるそうで、マスターがハーブをささっと振ると、さわやかな良い香りが店内を駆け巡りました。

役者はそろった

いつのまにかモヒートのための役者はすべてそろっています。写真を撮る時は撮ってもよいか聞きましょうね。

モヒートのライム

暑さを吹っ飛ばしてくれそうなライム。

本場のハーブ

主役のイエルバブエナ。

ここはまるでハバナ

もはやここはアツギではなくハバナ。

仕上げのまほうのシェイク

仕上げに魔法のシェイク。

モヒート

こ、これぞ待ち望んでいたホンモノのモヒート。

そしてこの動画、降り注ぐキラキラしたものが見えるでしょうか?外は夏なのにグラスの中は雪が降り注ぐように砂糖が舞っているのです。

この素晴らしいモヒートを飲み終え「ありがとう、マスター、これで人を殺めずに済みました」心の中で私はそうつぶやきました。

みなさんもこの夏の暑さで頭がやられそうになってしまったら、モヒートでリフレッシュしてはいかがでしょうか。もちろん「マスター、モヒートを、さもないと人を殺めてしまいそう」などとは言わずに「あつぎーくにのってたあのモヒートを」と伝えていただけるとうれしいです。土・日・祝日は15:00から営業しているので明るいうちから一杯たしなむのに最適です。

Bar amaro(バー アマーロ)
046-224-9155
定休日、営業時間はお休みカレンダーで要確認
神奈川県厚木市栄町1-10-1【地図

 



コメントを残す