基本の食パンデミック

パンを食わえて走って、角でかっこいい男の子とぶつかるのを夢見ています、特派員どらみです。

先日、「人生フルーツ」という映画を、アミューあつぎで観てきました。映画の中で、手作りジャムやケーキが出てきたのですが、丁寧に暮らすっていいなと影響されたわけです。

「どらみには もう、パンを焼くしか道はない!!」

と、いうことでまず、相棒のマシンたちをご紹介します。
年季が入っていますが、可愛がっているので名前がついてます。

まず、ホームベーカリーのマリコ。

プロはパナソニックよりエムケーのを使ってるらしいという、噂に惑わされて買いましたが、機能がシンプルで気に入ってます。

MKホームベーカリー
MKのホームベーカリー。
MKはマリコの略。マリちゃんって呼んでね

 

デジタルスケールのタニオ。

長年の相棒の一人ですが、たしか、友人の結婚式の引き出物カタログでもらったような気がします。出会ってくれてありがとう。

「タニ」タのデジ「タ」ルスケール、タニオ。
「タニ」タのデジ「タ」ルスケール、タニオ。

 

どんなに凝ったパンよりも、まずはプレーンな食パンを焼いてみることにします。

材料は、通称「あんこやさん」北川製餡で購入します。

IMG_20170523_130538
あんこやさんに並べられた大量の白い粉。

 

今回の主な材料たち。

強力粉は国産黄金鶴。
強力粉は国産、黄金鶴。